1分でわかるシリーズ CSS Sass 技術 言語

【1分でわかるSass】

投稿日:

今回はSaasについて解説していきます。

淡々とした説明になっていますが、重要なのでお読みください。わからないことある方はプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!



Sassとは

SassSyntactically Awesome Style Sheets)とは、CSSを変数やmixinと呼ばれる関数を使って書くことができるRuby製のCSSメタ言語のことです。CSSを使った開発をより便利にできる言語です。

Sassには2種類の記述方法があります。SASS文法と、それを書きやすくしたSCSS文法の2です。

SASS文法は、名前の通り、Sassがもともと採用していた記法です。拡張子は「.sass」です。記述が非常に簡素化されているため、コーディングがコンパクトになり、rubyの記法に似ています

SCSS文法は、SASSCSSとの互換性が乏しかったために作られた記法です。拡張子は「.scss」です。SCSSの最大のメリットは、CSSの書き方がそのまま使えます

どちらの場合も、ファイルをコンパイルするとCSSファイルが生成される仕組みになっています。



Saasのメリット

SASSの導入で得られる主なメリットは以下のようなものです。

・開発スピードが上がる

SASSを使うと、セレクターをネスト(入れ子)することができたり、コード量を大幅に減らすことができます。

・バグを減らせる

SASSを使うと、バグを減らすことも期待できます。コード量を減らすことで、コードの見通しも良くなります。

・メンテナンス性が上がる

SASSを使うと、メンテナンス性が上がることも期待できます。コード量が減ることでメンテナンス性が上がり、リファクタリングがしやすくなります。


ここまで読んで興味がわいた方は、一度公式ページをのぞいてみてください。







以上で簡単な、「1分でわかるSass」についての説明を終わります~

理解は深まりましたか? わからないことや、ご質問あればプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!

-1分でわかるシリーズ, CSS, Sass, 技術, 言語

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.