1分でわかるシリーズ ハイブリッドアプリ 技術

【1分でわかるハイブリッドアプリ】

投稿日:

今回はハイブリッドアプリについて解説していきます。

淡々とした説明になっていますが、重要なのでお読みください。わからないことある方はプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!



ハイブリッドアプリとは


ハイブリッドアプリを説明する前に、ハイブリッドアプリを構成する「Webアプリ」と「ネイティブアプリ」について説明します。

・Webアプリ

Webアプリとは、SafariChromeなどのブラウザ経由で利用するアプリケーションのことです。

Webアプリはブラウザで閲覧しているWebと基本的には同じです。


・ネイティブアプリ

App StoreGoogle Playのようなアプリストアで配布されているアプリはネイティブアプリと言われています。ネイティブアプリは、特定のCPUOSの組み合わせで実行可能なコードで書かれたプログラムのことで、異なる機種やOSでは動作しないが、そのOSが提供する機能をフル活用することができます。例えば、画面の表示やデータの送受信、タップやスライドによるUI操作だけでなく、カメラやバイブなど端末機能へのアクセスも可能です。


・ハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリは、「ネイティブアプリと同様の機能をもった、HTMLCSSJavaScriptで開発したクロスプラットフォームのアプリ」のことです。

ネイティブアプリ上でWebアプリを表示するタイプのアプリになります。

画面の表示やUI操作の部分は内側のWebアプリ層で機能し、カメラやバイブなどの端末機能へのアクセスは外側のネイティブ層で機能するという形になります。

外側の部分さえ、どうにかすれば内側の部分はWeb制作と同じ技術で実現できます。

ハイブリッドアプリの開発面におけるメリットとしては、複数のOSiOSAndroid)に対してそれぞれネイティブアプリを開発する作業と比較すると、1つのソースコードで複数OSに対応でき、大幅に開発コストを削減できることです。また、Webアプリと同様の技術で開発するため学習コストも削減できます。




以上で簡単な、「1分でわかるハイブリッドアプリ」についての説明を終わります~

理解は深まりましたか? わからないことや、ご質問あればプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!

-1分でわかるシリーズ, ハイブリッドアプリ, 技術

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.