1分でわかるシリーズ Firebase 技術

【1分わかるFirebase(開発面での特徴)】

投稿日:

今回はFirebase(開発面)について解説していきます。

淡々とした説明になっていますが、重要なのでお読みください。わからないことある方はプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」まで!



Firebaseとは


2014
年にGoogleが買収し、同社が運営するBaaS,mBaaS。簡単に言うと、複雑なバックエンド処理(ユーザー認証、データベース、プッシュ通知、ファイル管理等々)が全部APIで完結できるサービスです。



mBaaS、BaaSとは


(mobile) Backend as a Service
のことで、ユーザーから見えない処理(バックエンド)をクラウド上で提供してくれるサービスです。



firebase開発面での機能


1.
ユーザ向けのアプリケーション

これは開発するアプリそのものなので、Firebaseがメインを担当する部分ではありません。(開発者がメインで実装する部分)しかしFirebaseの各機能にSDKを通して簡単にアクセスすることができるので、開発効率が大いに向上するはずです。

 

2.アプリ用のAPIサーバ

一番最初にサーバ側で必要になるのがAPIサーバですが、Cloud Functions for Firebaseなら、node.jsで関数を少し書くだけでそれがそのままAPIになります。Firebese Authenticationでは、ユーザーログイン時の認証システムを簡単に実装できる仕組みを提供しています。この仕組みを利用すれば、FacebookTwitter等を使ったソーシャルログインや独自構築のログインシステムとの連携が簡単にできます。

 

3.アプリに必要となる情報を保存するデータベースサーバ

Realtime Databaseは、ユーザー間でやりとりされるデータをリアルタイムで保存・同期することが出来る仕組みです。これにより、ユーザーは端末の垣根を越えて、簡単にデータへのアクセスが可能になり、常に最新データの取得が可能になります。画像や動画など、大きめのファイルを扱いたい場合はCloud Storage for Firebaseを、設定などはFirebase Remote Configという機能で管理できます。

 

4.アプリ紹介のWebページ

簡単な紹介ページや、利用規約等アプリに埋め込みたくないコンテンツを置いておくサーバをわざわざ用意する必要はありませんFirebase Hostingという世界中のどんなユーザーが相手でも遅延なくサービスを提供するためのホスティングサービスを使い、簡単にそれらコンテンツを展開することができます。

ここまで読んで興味がわいた方は、一度公式ページをのぞいてみてください。




以上で簡単な、「1分でわかるFirebase(開発面での特徴)」についての説明を終わります~

理解は深まりましたか? わからないことや、ご質問あればプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」まで!

-1分でわかるシリーズ, Firebase, 技術

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.