1分でわかるシリーズ データ圧縮 技術

【1分でわかるデータ圧縮】

投稿日:

今回はデータ圧縮について解説していきます。

淡々とした説明になっていますが、重要なのでお読みください。わからないことある方はプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!



データ圧縮とは


(データ)圧縮とは、データを一定の計算手順で加工し、実質的な内容は同じまま短い符号列で表すことです。簡単にいうと、ある計算手順に基づいて、データを元のサイズよりも小さくすることといえます。

圧縮する理由やメリットとして、圧縮によりデータサイズを小さくすることで、ディスク容量の消費を減らせる、通信時間を短くできる、ネットワークへの負荷を抑えられるなどといったことがあります。



圧縮ファイルの仕組み


圧縮ファイルというのは、ある計算手順に基づいて、ファイルのデータを元のサイズよりも小さくしたものです。

例えば、「XXXYYYYYYZZZZ」というデータを「X3つ、Y6つ、Z4つ並んでいる」という規則性をもとに「X3Y6Z4」と表すことで、データ量は削減できます。

このデータを小さくするための計算方法をアルゴリズムといいます。即ち、アルゴリズムに基づいてファイルのデータを元のサイズよりも小さくしたものを圧縮ファイルといいます。





以上で簡単な、「1分でわかるデータ圧縮」についての説明を終わります~

理解は深まりましたか? わからないことや、ご質問あればプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!

-1分でわかるシリーズ, データ圧縮, 技術

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.