1分でわかるシリーズ アジャイル開発

【1分でわかるアジャイル開発】

投稿日:

今回はアジャイル開発について解説していきます。

淡々とした説明になっていますが、重要なのでお読みください。わからないことある方はプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!



アジャイル開発とは

アジャイルとは、常に改善し、より良いものを目指している状態のことを言います。 アジャイルの本質的な意味はこのことで、アジャイル開発についていわれるさまざまな手法やルールは全てはこの状態を目指して考えられたものです。

もう少し具体的にいうとアジャイル開発とは、システムやソフトウェア開発におけるプロジェクト開発手法のひとつで、大きな単位でシステムを区切ることなく、小単位で実装とテストを繰り返して開発を進めていくことです。従来の開発手法であるウォーターフォール型(最初に全体の機能設計・計画を決定し、この計画に従って開発・実装していく手法)に比べて開発期間が短縮されるため、アジャイル(素早い)と呼ばれています。

アジャイル開発の考え方に関して、詳しいことはアジャイルソフトウェア開発宣言に書かれています。



 

アジャイル開発のメリット

・無駄な引継ぎドキュメントを作らずにすむ

・開発の途中で仕様の変更や追加が容易になる

・チーム自体の継続的なスキルアップにより、開発速度と品質を高めることができる

・機能ごとに小さな単位に分割することで、機能単体での良し悪しの検証が可能になる




以上で簡単な、「1分でわかるアジャイル開発」についての説明を終わります~

理解は深まりましたか? わからないことや、ご質問あればプログラミングカウンセリングサービス「ギクサポ」までお聞きください!



-1分でわかるシリーズ, アジャイル開発

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.