プログラミングを学びたいけど、何から手をつけていいのか、そもそもどの言語を学べばいいのか、分からない人って、意外と多いですよね。

そこで、まず考えてほしいのが、なぜプログラミングを学びたいのか、その目的です。「スマホアプリ」を作りたいのか、「Webサービス」を作って起業したいのか、それとも「機械学習」を使いたいのか。

なぜなら、作りたいものによって、学ばなければならない言語が違うからです。

では、それぞれどの言語を学べばいいのか、詳しくみていきましょう。

スマホアプリ」を作りたいと思っているあなたは、iphoneなら、Swift アンドロイドなら、Java

Webサービス」を作りたいなら、ちょっとやっかいです。というのも、どんなWebサービスを作りたいかで学ばなければならない言語が違ってきて、しかも複数個の言語を使いこなさなければなりません。ちょっと脅かしましたが、大丈夫!ちゃんと手順を踏んで学んでいけば、超初心者でも半年で自分のWebサービスを作ることも夢ではありません。

もう少し具体的に作りたいものによって、分類してみますね。

ホームページのような発信するだけのWebサイトをつくりたいなら、HTML&CSS

ログイン機能のようなサーバーとの処理のやりとりが必要なWebサービスを作りたいなら、PHP、RubyまたはJava

ボタンを押したらポップアップが出てきたり、メニューの下からサブメニューが出てきたりなど、Webサイト上で動きをプラスさせたいなら、JavaScript

最後に、「機械学習」を使いたいなら、Python 「機械学習」は、簡単に言うと、データから反復的くに学習し、そこに潜むパターンをさがし出すこと。例えば、ネコの画像しか投稿できないサイトを作りたい場合、自動的にネコの画像かどうか判断してくれる画像認識機能が必要ですね。これが「機械学習」です。また、Pythonのコードは非常にシンプルで、Webアプリの開発などにも使われるので、初心者でも学びやすく人気のある言語です。

なんとなく自分がしたいことと、学ばなければならない言語のことが分かってきましたか?

では、次は言語ごとにどうやって学べばよいか、考えていきましょう。

言語一覧

投稿日:

Copyright© プログラミング超初心者向けサイト@ギクサポ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.